【今更】イギリスでピアスを開けた話。

みなさんこんにちは、mamikoです。

世間はクリスマスイブ。いかがお過ごしでしょうか。みんながハッピーに過ごせているといいなあと思います。笑

 

さて本日はほんとうに今更ながらイギリスでピアスを開けた体験についてお話ししていこうと思います。

 

海外に来て、日本よりも沢山おしゃれなアクセサリーを観る機会が増えました。もちろんイヤリングでもおしゃれなのはたくさんありますが、やっぱり好みのデザインはピアス。ということでレッツイヤーピアッシング!という考えでピアスを開けたのはまだ私がファウンデーションコースで勉強していた今年の2月のこと。(両親には事後報告派。帰国するまで奇跡的にばれませんでした。)

なぜ2月に開けることにしたかというと、超寒い真冬なら湿気とかで化膿する可能性は少ないかなと思ったのが1つ。もう1つは6月に日本に1時帰国するまでにピアスの穴を安定させておきたかったから。

この動機が功を奏したのかどうか分かりませんが、幸運にも今まで一度も化膿することもなく無事に過ごしています。幸いにも一番恐れていた金属アレルギーにも引っかかりませんでした。ほんとによかった。

実際に開けたところは、日本にも展開しているClaire’sという雑貨屋です。日本にはないですが、イギリスやアメリカには店内にピアス開けコーナーがあってそこでスタッフが開けてくれます。

15-11-19-16-04-46-144_photo
店内入ってすぐのところにあったので、いろんな人に見られます。笑

一応開ける前に書類(何かあった場合は病院へ行くことや金属アレルギーの有無など)にサインをして、スタッフによる金属アレルギーの確認、消毒のしかたも教えてもらえます。ピアスもたしか色々選べたような…。

開けた後のアフターケアの消毒液も1月分もらえるので安心でした。たしか金額は£20前後だったと思います。それで1番安かったかな。

日本では自分自身で開けたり友達に開けてもらったりする人が多いと思いますが、多分1番大切だと思うのは自分が金属アレルギーかどうかを確かめてから開けるということ。せっかく開けても金属アレルギーで化膿したりしてしまうと付けれなくなってしまうのでね。あとピアスを開ける行為って、医療行為だそうですね。笑

あと18歳か16歳以下だと親の承諾書なしには開けられないのでご注意を。

それでは~。


 

SNS

Twitter: @weeklymamiko
Instagram: mamiko_jp
Youtube(毎週金曜日更新中!):Weekly Mamiko

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中